MENU
トップ  >  住宅設計の流れ

 住宅設計は、お客様からのご依頼をいただいてから、調査→基本計画→基本設計→実施設計→工事監理のプロセスを経て竣工引渡しに至ります。次の表ではプロセス毎に行う建築科学研究所の作業と、建築主の作業をご紹介いたします。

プロセス
建築科学研究所の作業
建築主の作業

調査

敷地の特性、条件等を調査・研究、関係法令等を調査、研究をします。

  • 敷地調査、既存家屋測量。
    (下水道及び電気の引き込み位置等 敷地に関る調査。)
  • 関係法令の照会。
    (建築基準法及び関係条例等の調査。)
  • 家族構成、要望等の調査。
    (建築主の要望、家族構成、工事予算等の聴き取り。)
  • 住宅金融公庫への受付、申込。
  • 要望事項等の伝達。

基本計画

おおまかな構想を提案します。

-

基本設計

平面図、立面図、断面図等を作図し、具体的な設計内容を確定します。

  • 基本計画作成。
    (基本設計図書の形にまとまるまでの構想の構築。)
  • 基本設計図の作成。
    (平面図、立面図、断面図、スケッチ等の作成。)
  • 工事費概要書の作成。
    (基本設計に基づき、工事費概要書を作成。)
  • 基本計画の確認。
    (設計者との打合せ)

実施設計

基本設計図に基づき、より具体的な検討と詳細図の作成をします。

  • 実施設計図の作成。
    (基本設計図に基づき、より具体的な検討と詳細図の作成。)
  • 仕様書の作成。
    (内外部の仕上、グレード等の決定。)
  • 計算書の作成。
    (鉄筋コンクリート造、鉄骨造等の建物の柱や梁の寸法を構造計算によって決定。)
  • 建築基準法に基づく確認申請手続き。
    (建築確認申請に必要な書類、図面の作成及び申請代行。)
  • 施工者の作成する工事費見積書の検討。
    (施工者からの見積書の内容の確認及び検討。)
    (施工者選択への協力。)
  • 基本設計図の確認。
    (設計者との打合せ)
  • 実施設計図の確認。
  • 施工者の選択。

工事監理

施工者に設計意図を伝達し、設計図に基づき工事が適正に行われているかを確認します。

  • 工事請負契約への協力。
    (建築主と施工者との工事請負契約への立会い及び確認。)
  • 施工者への設計意図の伝達。
    (打合せ、図面等により施工者へ設計意図を伝達。)
  • 施工者の作成する施工図等検討及承認。
    (施工図の検討をし、承認。)
  • 工事の確認及報告。
    (各種検査への立会い及確認事項を建築主へ報告。)
  • 工事完成検査の実施
    (工事完成時に工事範囲全ての部分の検査実施。)
  • 施工者との請負契約地鎮祭への参加。
  • 住宅金融公庫へ融資基本約定書の提出。
  • 住宅金融公庫中間融資受領。
  • 工事費中間金の支払。
  • 工事完成検査の承認。

竣工引き渡し

施工者に設計意図を伝達し、設計図に基づき工事が適正に行われているかを確認します。

  • 工事費支払いの審査及承諾。
    (請負契約の内容に適合したことを確認し、工事費の支払いを承諾。)
  • アフターケア。
    (不良個所等の原因究明と対処。)
  • 住宅の登記。
  • 住宅金融公庫最終資金受領。
  • 工事費最終金の支払。
 Copyright © 有限会社 建築科学研究所 All Rights Reserved