所在地

魚津市下椿地内

主要用途

集会場及び体育施設の複合用途建築物

構造

木造平屋建て(一部鉄筋コンクリート造)

規模

敷地面積

2,766.18 ㎡

建築面積

1,060.07 ㎡

延床面積

1,012.34 ㎡

本施設は一般廃棄物最終処分場跡地を芝生広場などの自然環境を活用した市民の憩いの場となる仮称『ぬくもりの里』の核施設として整備されます。国の木造公共施設整備事業の指定を受けており、地元魚津の杉材を活用した暖かみのある空間を持ち周囲の景観にも融和した建築物となるように設計しました。また、地域木材を使用した新しい木造構造システムを採用し、建築用材としての地域材の利用範囲の拡大につながる建築的な提案を行いました。
木材利用推進中央協議会会長賞を受賞、平成20年度 第39回富山県建築賞に入選しました。
平成29年度 富山県うるおい環境とやま賞 風の賞を受賞しました。